リファレンスガイド パノラマビューワ HMD対応

提供: オンラインマニュアル
移動: 案内検索

HMD対応

スマートフォンでの閲覧時に、GoogleCardboardなどのHMD用の画面表示に切り替えることができます。


表示モード切り替えメニュー


Normal 通常の表示に戻します
VR Scope 1眼タイプのVRスコープ向けの表示に切り替えます
Side By Side 2眼タイプのHMD向けの表示に切り替えます


Side By Side表示の例


VRカーソル ① 視点(デバイス)を動かして、カーソルの中央にアイコンを合わせることでタップと同じ動作をします
ツアーアイコン ② ツアーアイコンを注視する(VRカーソルに合わせる)と指定したシーンへ移動します
設定ボタン ② 2眼表示についての設定画面を開きます

※HMD向け表示モードでは、シーンメニューやポップアップアイコンなど一部の機能が利用できません。


Side By Side設定画面の例


使用しているHMDやスマートフォンの種類などについての設定画面です。

IPD ① 視差の幅を設定します。利用者の両目の幅が最適値です。PanoCreatorでは標準的な値として60mmを初期値にしています。
スクリーンサイズ ② 端末の画面サイズを設定します。iPhoneについては自動的に検出されます。
FOV ③ 視野の広さを設定します。値が大きいほど広い範囲をみることができますが、遠近感が強調されます。
歪み ④ HMDに装着されているレンズの歪みを補正します。
設定のリセット ⑤ すべての設定を初期値に戻します。
ジャイロの自動調整 ⑥ デバイスの向きとパノラマの向きとがうまく連動しない際に、ジャイロを自動調整します。