リファレンスガイド 機能別ガイド 再生設定機能

提供: オンラインマニュアル
移動: 案内検索

視野角の設定や首振り範囲の設定、自動回転の有無など、パノラマVRの再生についての各種設定が出来ます。

1 再生設定

シーンパネル上の「再生設定」ボタンをクリックすると、再生設定ダイアログが起動します。

Fig player setting.jpg

再生開始位置 ビューワ起動時のパノラマVRの再生開始位置を指定します。

左右方向に180度までシフト可能です。

ティルト範囲 上下方向の首振り範囲を指定します。天地方向の画像が一部欠落している場合など、

こちらのパラメータでユーザの操作を制限することが可能です。

パン範囲 左右方向の首振り範囲を指定します。背面方向の景色を見せたくない場合など、

こちらのパラメータでユーザの操作を制限することが可能です。

視野角度(初期値) ビューワ起動時の視野角度を指定します。

数値が小さくなるほどズームインされます。

視野角度(ズーム端) ユーザ操作によるズームインの限界値を指定します。

数値が小さくなるほどより詳細にズームインできます。

視野角度(ワイド端) ユーザ操作によるズームアウトの限界値を指定します。

数値が大きくなるほど広い範囲にズームアウトできます。

自動回転 ユーザ操作がない場合に画面を自動回転させます。
360動画の自動再生 360動画のシーンを表示時に自動的に再生開始します(PCのみ)。
起動時のHMD状態 スマートフォンで再生時のHMD表示状態の初期値を設定します。
全画面アイコン 全画面アイコンの種類を選択できます。
リセット 各パラメータをカメラごとの初期設定値に戻します。
登録 再生設定を登録します。
キャンセル 再生設定の変更をキャンセルします。

2 関連ページ