撮影ガイド 三脚・雲台の設置

提供: オンラインマニュアル
移動: 案内検索

三脚及び雲台の設置方法についてご案内いたします。

目次

1 機材の組み立て


Setting nex tripod 1.jpg

上図の通り、三脚・レベラー・雲台を組み立ててください。
各接続部分は確実に取り付け、締め付けて下さい。
レンズにセットされるマウントリングは、確実に取り付けて下さい。

1.1 マウントリングの取り付け方法

プラスチックのレンズリングを、レンズ後方より差し込みます。
(リングには、レンズの前方向が示してありますので向きに注意してください)
D5200 lensring.png D5200 lensring2.png

プラスチックリングを差し込んだ状態は下図のようになります。
ボディ面とリング面がほぼ、同一面になるところで止まります。
D5200 lensring3.png

アウトリング(金属製)をレンズ後方から差し込み固定します。
D5200 outring.png

下図はD5200+SIGMA8mmへ、リングを取り付けた状態です。
カメラが縦に垂直になるように、リングの座の位置を調整してください。
D5200 ringcomplete.png

2 ノーダルポイントの調整

パノラマ雲台とカメラのマウント位置を調整します。

2.1 SONY NEXシリーズ

カメラを雲台のメモリの2cmのところで固定してください。
レンズリングの前面と雲台の前面がちょうど揃います。(緑線)

Setting nex tripod 2.jpg Setting nex tripod 2B.jpg


2.2 Canon EOS シリーズ

カメラを雲台のメモリの1.1cmのところで固定してください。

Setting nex tripod 5.jpg Setting nex tripod 5B.jpg


2.3 Nikon 一眼レフカメラシリーズ

カメラを雲台のメモリの1.0cmのところで固定してください。

D5200 nodal1.png D5200 nodal2.png


3 水平の調整

撮影場所に機材を移動し、カメラが水平になるように調節します。
水平の調整にはレベラーを操作してください。
雲台に付属の水準器を確認し、中心の円の中に気泡が収まるようにします。
Setting nex tripod 4.jpg